<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
娘、母をこわがる
最近のお嬢、一緒に住んでいるおーちゃん(父)にも、じぃじ・ばぁばにも
見せたことのない顔をすることがある。

それは私が怒っているときの、哀願しながら泣きじゃくる顔。
ただ甘えてべそをかいているんではなく、肩をぶるぶる震わせながら、
心底おびえた顔で私を見上げて泣きじゃくる。
「ママ怒らないで…」と、声にならない声で繰り返す。

べつに虐待してるわけじゃない。
どうしてこんなに私を怖がるのか?

いろいろと考えた結果、お嬢がこの泣き方をするのは、私が
理性で怒っているんじゃなく、機嫌が悪くて怒りを抑えられないときに
限られることが分かった。

「ごはんの時にウロウロしたらダメでしょ!」
という風に、しつけで注意を与えてるときには、むしろ
「わかったよーん」的な、ナメた態度を取ったりする。

でも
仕事が終わって真夜中にやっと布団に入ったら、おしっこで起こされたとき
一人でお風呂に入れた後、自分は裸で震えながら、お嬢にパジャマを着せるとき
一緒に出かける友達を待たせたくないのに、なかなか靴をはかないとき

「ちょっとは私の気持ちも考えてよ!!!」
のイライラが爆発して、理性とは違う部分で怒ってしまう。
「私はいつも、アナタのために我慢してるんだから!!!」
ドカーン。
そんなときに限って、お嬢が恐怖に陥るのだ。

昨日はお風呂上りのパターンで、お嬢が泣き出し、15分ぐらい泣き止まなかった。
怒りが収まったあと、
「ごめんね、ママ、あさのこと嫌いなんじゃないからね」
と抱きしめると、泣き止みかけていた顔をまたくしゃくしゃにして、
「うん…うん…」と言いながら泣きじゃくった。

こんなにちっちゃいのに、自分は母の愛をなくしたんじゃないかと考えて
おびえて泣いていたんだなぁと思うと、いたたまれなかった。
ただ妄信的に母の愛を信じていた赤ちゃん時代を越えて、いつのまにか自分から
母の気持ちを繋ぎ止めたいと思うようになったんだ。

お嬢の成長がうれしい反面、ますます自分の感情のコントロールを
心がけなきゃなぁと思わされ、しんどい気持ちも正直、ある。
母は、いつも笑顔でなくちゃいけないのか?
いつも正当な理由でしか、叱り飛ばしちゃいけないのか?
私はどうだったんだろう。
人の愛を信じられるように育ったということは、母は感情で叱ったりしなかったのかな?

そんな聖母みたいなものにはなれないと思いつつ、でもあんな泣き方をする
お嬢を見たくはなくて、
「ずるいよ、お嬢…」
という気持ち。

こういうのって、女の子だからよけいなのかなぁ。

b0047610_23271590.jpg

by hui_hui | 2011-01-30 23:28
母、仕事する
今年になって、ほうぼうへ細々と求職活動をしていたのが
少しずつ実り始め、多忙になってきました。

今現在、委託契約(?)を結んで外部スタッフとして
登録してもらっているのが、3社。

・出産以前に働いていた雑誌社
・某新聞社系列の情報誌製作会社
・作文添削会社

そして新たに、受験参考書の校正というお仕事を、姉の紹介で
始めさせてもらうことにもなり…

正直、どこまですべてに全力で応えることができるのかと
一抹の不安はあります。

編集者をしているとき、ずっとフリーの外部スタッフさんに
憧れていました。
誰に使われる身でもなく、自分で仕事を求めてこなし、
信頼されてまた仕事が増えていく。
デキるスタッフさんははたから見ても、それはカッコよくて。
ただ、毎日満員電車で通勤して、上司や先輩に気を使い…
というのがしんどくなっていたという部分もありますが。
SOHOという言葉が流行っていた頃でもありました(最近聞かないね)。

でもフリーというのは、想像以上に厳しい世界のようだと
気づいた今日この頃。
だって誰も指示してくれないし、出来なきゃ二度と仕事は来ない。
納期やクオリティという点に関して、会社員だった頃以上に
ピリピリするようになりました。

そしてまた、母であることとの両立の難しさ。

同じように在宅でバリバリと仕事をする姉も、同意見でした。
子どもを第一に考えるなら、仕事は休むのがベスト。
ほんとうは。

遊んでほしい子どもをいなしながら、早く寝ろ~と胸の中で唱えながら、
仕事のダンドリを考えていると、ひどい罪悪感にさいなまれる。
母親の横顔しか記憶にない子どもになるんじゃあるまいかとか。
心の成長に、どこかできっと悪影響をおよぼすはずだとか。

いっそ保育園に預けて、パッと外に出て、その間は集中して
働いたほうがいいのかもしれない。
悩みました。

でもできるところまで、子どもと在宅でやってみます。
ときには一緒にオヤツも作ってやれるし。
昼寝中の寝顔を、気が済むまで見てられる特権もあるし。

もう少し大きくなって、仕事をしてる母親の姿を、なにがしかの
思いを持って見てくれるようになるといいな。
そんないい仕事をしないといけないな。
by hui_hui | 2011-01-23 00:10
あけまして
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

(昨年はいろいろ抱負を言い過ぎて、自分でしんどくなったので
もう何も言いません。そういう弱い性格です)

b0047610_23433746.jpg


明日から仕事かぁ…と、心なしか背筋が丸い人と
おかまいなしの3歳児。
(風邪ひいても、ほんとに熱出しません!!〇〇は風邪ひかない…ていうやつじゃ
ないと思いたい)

b0047610_2346582.jpg


お正月休みのおかげで、少しは父と娘の問題も解決したかしら。
ちょっと仲良くなった気がするよね。

仕事始めを前に、今夜かぎりで剃られる運命のおヒゲさん。お別れのナデナデ。
by hui_hui | 2011-01-04 23:49



ベビーとわたしの毎日のあしあと
by hui_hui
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
LINK
以前の記事
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧