<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
猛暑

猛暑に頭をやられたダンナさんが「川に入ろう、川に入ろう」言うので
お嬢も連れて近所の川で、水遊び。

b0047610_13194558.jpg


b0047610_1326265.jpg


パッと見、虐待のようですが、水遊びです。

2、3歳の子たちがちっちゃい水着を着て、超ハイテンションで遊んでいるのを見て
来年の夏、お嬢が元気に水遊びできていればいいなぁと心から願いました。
by hui_hui | 2008-07-27 21:18
お知らせ
私がこのブログを始めて、この秋で5年目に入ります。

独身時代は好き勝手な自分の日常をとりとめもなく書き、
お嬢が生まれてからはお嬢の成長記録もつけてきました。

ただ、お嬢の病気の実態を詳しく書かないように、さりげなくかわして書くことに
だんだん無理が出てきたように以前から思っていました。
というのはお嬢の日常は、病気と切っても切り離せないからです。
私たち家族の日常も、つねに病気と二人三脚です。

最近の入院で、お嬢の詳しい病状と、お嬢のこれからについて
医師からお話を受け、いろんな覚悟とともに、私の気持ちが少し変わりました。
これからは、病気のことを避けて書かず、ありのままのお嬢の日常を記そう。
世の中に知られていない、お嬢の病気を、少しでもみんなに知ってもらおう。
これから生まれてくる、お嬢と同じ病気の子を持つ親御さんたちのためにも、
少しでも具体的な情報をと思ったこともあります。

そこで新しいブログを作りました。
そちらにも同じように、何か思うことがあれば遠慮せず、
コメントやメッセージいただければ嬉しいです。
このブログには今まで通り、お気楽な私たち一家の日常を書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。


今日を生きるこどもの日々
アラジールと。
by hui_hui | 2008-07-21 17:56
おそろい
b0047610_11581019.jpg


お母さんが自分のワンピースを縫った余り布で、お嬢に
おそろいのワンピースを作ってくれた。

着せてみるやいなや、さっそくお嬢を抱いて
近所の行きつけのパン屋さんへ自慢しに行く母。
「おそろい可愛いわね~って言われた♪」と喜んで帰ってきた。そう言うしかないでしょ。
孫バカぶりの発揮は、うちの中だけでしてほしい。

ミシンがほしい~!私もお嬢とおそろい作りたくなってきた。
by hui_hui | 2008-07-16 12:04
呼吸法改善
b0047610_15291645.jpg


お嬢の夜泣き(身体がかゆくて眠れない)によって、慢性的に寝不足の私たち。

最近あみ出した方法は、
(1)ダンナさんが帰宅した午後9時~0時まで、ダンナさんが夜泣き対応。
(2)0時~午前6時(お嬢の起床)までは、私が夜泣き対応。
と分担して、手すきの方はその間、身も世もなく眠り、寝不足を解消する、
というもの。

メリットは分担外の時間は完全にフリーだということだけど、
デメリットは、夫婦ですごす時間がまったく取れないということ。

私は朝起きてすぐビタミン剤を飲み、夕食後はドリンク剤を飲んでいる。
それでもなお寝起きは身体が重くて仕方ない。
ダメだと頭では思っていても、コミュニケーション不足など
省みる余裕がないのだ。
「夫婦は会話が命」と思っている私が、それをないがしろにするほど疲れている。
こんな状態が続くのは、毎日深夜まで働いていた会社員時代にもなかったことだ。

滋養強壮剤に頼る以外に、この疲れを払拭する方法はないものかと
本屋さんで見つけたのが、これ。
深い呼吸で気持ちいい体を作る

b0047610_15295243.jpg


発端は「ヨガやってみるべか」と思ったこと。
ならWii Fit買う?というダンナさんをひとまず諌めて、まず初心者向けの本で始めようと。

この本もヨガの先生が書いているんだけど、この先生はヨガを始める前にまず、
呼吸法を変えなければならないという。
ギュッと縮まっている身体の筋肉をほぐし、浄化するイメージをもって
おなかから息をする。
これが身につけば、全身に酸素が行き渡り、疲れにくい身体になったり
便秘や肩こりが解消されたりいいことがいろいろあるらしい。

私は昔から呼吸が浅くて、合唱コンクールなどではいつも酸素過多で
卒倒しそうになっていたので、これは改善の余地あり!と思ったのだ。

お嬢を見ながら毎日みっちりヨガ、は難しいけれど、呼吸法ぐらいは
合間にできると思い、最近気をつけてやってみている。
シャンプー中に試してクラッときたのでほどほどに。

ほかに何かすごい疲労回復法ご存知の方、いたら教えてくださーい。
by hui_hui | 2008-07-13 15:32
お願いします

b0047610_9465573.jpg


うちの実家の愛猫、ゴンタロウを引き取って世話してくれる
里親さんを今、探しています。

私が高校1年のとき、うちにやってきて、兄弟同様に育ったゴン。
このブログにも、私が実家にいた前半部分で時々登場しました。
ずっと猫が欲しかった私が初めて手に入れた、大事な大事な家族です。

でも今回、お嬢が手術を受けるにあたり、うちの母がドナーになれば
少なくとも2ヵ月間、ゴンを毎日世話することができる人がいなくなります。
手術後、母とともに新居に引っ越した後も、免疫が極端に少なくなっている
お嬢を猫と一緒に育てるには、細心の注意を払わなければなりません。

家族同様のゴンを手放すことは、とてもとても辛いことだけれど
家族とお嬢の今後、またゴンにも不自由な生活を強いることを考えれば、
心優しい人のおうちに引き取られて、余生を送ることができれば
ゴンにとってもそのほうが幸せなのではないかと考えました。

とはいえ子猫なら貰い手は多くても、ゴンは御年14歳の熟年猫。
すでにたくさん猫がいて、あと一匹ぐらいどうにかなると言ってくださる方、
広いおうちであまり迷惑でないと言ってくださる方、
お知り合いにでも心当たりがあれば、一言聞いてみていただけませんか。
どうかよろしくお願いします。


●ゴンタロウ(雄・14歳)
去勢手術、トイレ等しつけ済み
完全に室内だけで飼っていたので、ノミ・病気等ありません。
性格はおっとりしています。
by hui_hui | 2008-07-09 10:19



ベビーとわたしの毎日のあしあと
by hui_hui
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINK
以前の記事
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧