<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
サヨナラお仕事
b0047610_20132646.jpg


重いおなかをよっこいしょと持ち上げて、会社へ最後の挨拶に。
1年半お世話になった編集部と、スタッフの皆さんにお別れを言ってきた。

思えば一昨年の12月、即戦力の編集部員として採用してもらったものの
「印刷物を作る」って以外に、前の仕事と内容にほとんど共通点はなくて
実際には、雑誌のザの字も分かんない素人だった。

みんなとにかく忙しいから、研修なんてものもなくいきなり現場で
先輩たちの見よう見まねでロケハンをし、取材をし…
お店の人にはいちいち「新人です」なんて言わないから、雑誌の名前を背負って
恥ずかしいことのないように、極度の緊張の連続。
にも関わらず、ベテランのスタッフの方を相手に「地」の自分を出しすぎて
失敗して、失敗して、失敗して…
「もう誰も信じない!」って、人目も憚らず泣いたことも…恥

でもそのたび、投げ出さずフォローしてくれる先輩や
気づかないところで見ていて、評価してくれる人がいて救われた。

取材先のお店でもらった大量の名刺を一枚一枚見返してると、
それだけで2、3時間が経ってしまう。
お店の人は「たくさんの取材先の中の一軒でしょ?」と思うかも知れないけど、
私は一軒一軒の店主さんの顔と、話したことを全部、鮮明に思いだせる。
たった2時間かそこらの出会いなのに…。
編集者みんながそうなのかどうか分からないけど、その微細な記憶の蓄積が
思いがけないところでパワーになって、励ましてくれた。

どっちかと言えば人見知りするタイプの私が、「他人」に興味を持てる
ようになったこと。
老若男女、いろんな種類の人と話せるようになったこと。
ありきたりな結論だけど、「世の中、あったかい人がいっぱいいる」って気づけたこと。
それが一番の収穫だったかもしれない。

さー、明日から、正真正銘「主婦」になっちゃった。

「袋」をもっかい膨らませたくなった時に、感覚が鈍ってないように。
身体はおうちの中にあっても、目と耳はちゃんと外を向いてるように。
とりあえず、自分に言い聞かせるのみ、です。
by hui_hui | 2007-05-31 20:52
フフフ
b0047610_23172614.jpg


朝から実家のお母さんがやってきて、掃除や洗濯をして帰ってくれた。

「退屈なら、かぎ針編みでもしてみたら」と、針と編み糸、
小物作りの本を置いていってくれたけど、なぜかその気になれない…。

うちのお母さんは、独学だけどかなり洋裁ができる。
小さい頃から手さげかばんや遠足のリュックサック、スカートに
はてはおひな様からクリスマスツリーまで、布製の手作りだった。
当時は、友達みたいにサンリオのキャラクターのかばんがいい!と泣いて
ワガママを言った覚えがあるけど、今思えばすてきなことだった。

子供がちっちゃいうちは、いろいろ作ってあげたらいいんだろうな…
とは思うものの、飽きっぽい私にはどうも無理みたい。
針と糸の玉を見つめながら、ため息…

をついてたら、2人の友達から同時に「どうしてる?」メールがきた。
人とのコミュニケーションに飢えてる私に、天の救い!

ひとりは高校時代の友達。
会社帰りにタクシーを駆って、1時間だけおしゃべりに来てくれた。
いつも通り彼女の仕事のグチと「いい人おらん?!」って話なんだけど、
結婚前、いつも一緒に買い物に行って姉妹と間違えられたそのコと
昔とおんなじ話をしていると、とっても気がラクになる。
細くて可愛くて気さくないいコなのに、男運がなくて
なかなか、褒められるようないい彼氏が見つからない。
どっかにいい人いないかしら??

もうひとりは遠くに住んでる天使のような絵描きさん。
いつもなぜか、落ち込んでるときにタイミングよくメールをくれて、
はげましてくれる。
私が仕事をリタイアしてしぼんでるのは、今だけのこと。
また自分の時間ができたら、もっかい袋をふくらませればイインダヨ!
とはげましてくれた。

自分がからっぽになってると、いろんな人の言葉ややさしさが
スッと心に入ってきて、素直にうれしくなれる。
忙しいころはギスギスして、人のアドバイスを素直に受け止められなかった
ことも多かったけれど。
今はただ気にかけてくれる人がいるだけで、単純にうれしい…

これもヒマな時間の効用、、と思おう☆

明日は会社に最後のあいさつをしに行きます。
by hui_hui | 2007-05-30 23:56
山口とうふ
ウロウロしちゃいかんよ!と言われながらも、
ちょっと用事でゴソゴソ起き出し、住吉駅前まで。

山口とうふが開いてる!
この阪神間では知らない人がいないという、行列のできる豆腐屋さん。
会社帰りや休みの日に前を通っても、いつも営業時間が終わってて
チャレンジできなかった…
こ、これは素通りできない…!

さっそく名物「ゆばとうふ」と、あずき、イチゴなど数種類ある
「デザート豆腐」の中から、杏仁豆腐を購入。

b0047610_16153178.jpg


「ゆばとうふ」1個273円。

b0047610_1615545.jpg


みごとな「まめ色」。スーパーに売ってる真っ白な豆腐と全然違う!
生湯葉の食感を豆腐にドッキングしたというだけあって、
プルンというより、もちゃっとしたなめらかな舌ざわり。
ん〜、豆!豆が濃い!!

b0047610_16192833.jpg


「杏仁豆腐」1個178円。

b0047610_16201992.jpg


スプーンを置いたらメチャッと凹むところで分かるように、食感は
いわゆる中華屋さんの杏仁豆腐とは違う、ババロア風。
ココナッツミルクが舌にざらざらして、ちょっと粉っぽい…
残念ながらデザートとしては今ひとつ。私は杏仁豆腐にはうるさいのだ!

それにしても買い物中も客足がまったく途切れることがなく、すごい人気ぶり。
4人家族ならゆばとうふ、2個買わなきゃなのに…
御影だからできる商売か。

山口とうふ
神戸市東灘区住吉本町2-14-19
078-851-0394
日曜・水曜休
by hui_hui | 2007-05-29 16:30
ショッキング
b0047610_17513170.jpg


おなか周りがついに90センチを突破。
どのぐらいおっきいかというと…

b0047610_1873655.jpg


実は話題のメタボの男性(ウエスト周り85センチ以上)の
基準を超えているのだ!

どうりで狭いところが通れないわけだ。涙
by hui_hui | 2007-05-25 17:55
メイッタメイッタ
完全休養突入から1週間。
んん…メイル。

実家には当面の着替えと化粧品ぐらいしか持ち帰ってないので、
本もない、CDもない、DVDだってない。
車で連れてってもらわなきゃコンビニにも行けないから、雑誌もない。
ダンナさんに借りてきてもらった本だって1日で読んじゃった。
お昼間のテレビなんて、ロクなものがない。
ちょっと歩いたらおなかが張るので、お散歩にも行けない。

軽い軟禁だ…。

おまけに猫アレルギーで喉と目がやられてる。
目が疲れて長時間本が読めなくなっちゃった。
犯人はこの人。↓
b0047610_1556377.jpg


「これを機に何か趣味でも…」とか、「モノを考えるいい機会」なんて、
ありゃ動ける人の好き勝手なイイグサデアル!
人間、与えられた時間に限りがあるからがんばれるのね。
明日も、今日とまったくおんなじ一日が待ってると知りながら、さて今から思いきって
新しいことを始めようなんて気になれるもんかいぃぃぃ。
「別に明日でもいいや…」ってなっちゃう。

しかもなんだろう、この社会からの疎外感…
会社は今日も、私なしで何不自由なく回ってる。

あと1週間続いたら、きっと廃人にナルワ。。。。。。。。。。
by hui_hui | 2007-05-16 16:09
絶対安静…
昨日、29週目の検診で切迫早産の恐れありと言われて
絶対安静を命じられてしまいました。

今月いっぱいはめいっぱい働くぞ!と意気込みも満々で、
妊婦ダイエットに燃えて夜中に次の日のお弁当作ったり、
仕事から帰って立ちっぱなしでごはん作ってたり、
ほぼ今まで通りの生活を気にもとめず続けてたら…
赤ちゃんが下がってきてしまったらしい。

とにかく寝てなきゃダメ!と言われ、急遽、直近の仕事も
ほうぼうに無理を言って代わってもらい、しばらく休養をとることになりました。
とりあえず10日間、実家に帰って寝ています。

中途半端に投げ出しちゃう仕事に未練はあるけど、心から心配して
不便な生活を我慢してくれるダンナさんのためにも、絶対状況をよくして
赤ちゃんを守らなければ。絶対、絶対。

思いがけず早くやってきた休暇をポジティブに受け止めて、休養に専念しようと思います。
by hui_hui | 2007-05-09 12:09
プチ同窓会
去年の夏ぐらい?ぶりに、高校のプチ同窓会にいってきた。

同窓会っていっても、連絡がとれる15人ぐらいのちっちゃいやつ。
10クラスあったので、文系の私は理系の男のコなんか全然しらない。
でもやっぱりなんとなく、同じ空気を知ってるひとたちで集まってグチャグチャと
近況を話すのもいいもの。

消防署の救命士、薬剤師、などなど。みんないろんな仕事。
去年子どもを産んだ女のコが、もうすぐ新聞記者に復活する!って話を聞いて
スゴイ!と感動。そのコの旦那さんは、同じ同級生で○○ゲンダイっていう
週刊誌の記者。お互い忙しくて、子育て大変だろうなーと思う。

最近、結婚した女のコがふたりいて、どっちもすっごい
キラキラ*☆と輝いてた。
「しやわせそう…」とうっとり見ていたら、5歳児のお父さんになっている
男のコに、私がものすごく幸せそうな顔している!って何度も指摘された。
おっきくなったおなかをみんなに撫でてもらってると、ついうれしくて
ニヤニヤしてしまってたのかも。うれしいやら、はずかしいやら。

人に言われて自覚するわけでもないけど、何かの瞬間にふと、
「今、人生で一番幸せなのかなー」と思うことはそういえばよくある…
たとえば夜、「おやすみー」と並んでベッドに入って、本を読みかけたまま
寝ちゃったダンナさんをじいっと見てるとき。
おフロあがりにソファーでテレビをみてるダンナさんの膝に転がり込むとき。
「家族」なんだけど退屈じゃなくて、ちょっとワクワクする感じが好き。

赤ちゃんが生まれても、ずっとこんなままでいられますように…。
by hui_hui | 2007-05-05 23:45



ベビーとわたしの毎日のあしあと
by hui_hui
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINK
以前の記事
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧