<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
転職2ヶ月目
土曜日、AM12:00。会社にいます。
来週の月、火が入稿なので、今週編集部は鬼のように殺気立っています。

27歳のヘッド(特集チームのリーダー)がすごくこわい。
美人で仕事ができるのだけれど、自分に厳しいのと同様に
他人にも厳しいので、校正が直ってなかったりするとものすごおおおく冷たく
ビシイっと言われる。背筋が凍る。
確かに私がなってないのが100%悪いんだけど、もうちょっと、ちょっとでいいから
優しく言ってくれないかなあ…。

自分ではあんまり意識してないんだけれど、毎日勝手の違うことばかりで
すごく緊張しているらしく、家に帰ったらドッと疲れが出る。
たぶん身体より神経が疲れてると思うので、いい香りのバスソルトをお風呂に入れて
真夜中のお風呂に入る毎日だ。

今さらながら、前の会社はぬくーーい温泉みたいな所だったなあ…と懐かしく思う。
先輩たちはみんなやさしくて、女子校みたいだった…
上司もいいところをいっぱい褒めてくれたし、甘やかして育ててくれた。
やっぱり私は相当甘ったれなんだと思う。。。ダメだなあ。

でも、ここで毎日学ぶことは多い。しかも、編集者としてとても正統なやり方を
勉強できると思う。雑誌をすごく真面目に作っているし、それ以前に社会人として
まっとうな生き方をしている人ばっかりだ。
ここは自分を駆り立てて、このやり方に慣れなければ。

いつも思うのだけれど、私は自分を逆境に追い込むのが結構好きみたいだ。
こわいくせに、慣れないくせに、苦手な場所に自分から飛び込んでしまう。
「ここまでやってみたから、もういいだろう」って安心したいんだと思う。
「変わりたい」って思いが、きっと強すぎるのだ。実体がついていかないだけで。。
自分で気づいてないだけで、実はちょっとずつ変われてるのならいいなと思う。

とにもかくにも、初めて携わった雑誌が来月23日に発売になります。(遠いなあ…)
見かけた人は買ってくださいね。
by hui_hui | 2006-01-21 12:11
初占い、結婚運はいかに?!
編集部に校正をしに来てくれているスタッフのおじさんが、副業で
タロット占いをやっているというので、私も運勢を見てもらった。

しかし会社の打ち合わせブースから、延々と聞こえてくる占い師の声。
「…気の流れが比較的、いいほうに向かってるから…」
「ご主人かご家族の誰かが、体調を崩す暗示が…」
かなり、異様な光景ではある。。

さて私の全体運、特に結婚運の結果は…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<カードが示す答え…引いたカード/カードの向き>

・問題の本質(正の力)…運命の輪/逆  →ある種の誤算(意外な出会い?)
・障害となるもの(負の力) …棒の2  →決断後の迷いの可能性
・精神の顕在性 …聖杯の7/逆     →いろんな欲求→求愛の迷い
・精神の潜在性 …金貨の5/正     →経済性重視
・近未来 …世界/正          →達成、安定
・今過去 …剣クイーン/正       →別な自分が動き出す危険性
・変化相 …力/逆           →誘惑に注意
・環境の影響 …棒のエース/逆     →立ち直りと割り切り
・可能性 …剣のエース/逆       →良い意味での妥協
・最終予想 …女/正          →家庭的な思いやり

<占い師の助言>

貴女の今の運気は恋→結婚というひとつのベクトルを持って動いていますが、実は
そこへ横から割り込む別の気の流れも暗示されています。ズバリ言えば誘惑運、
全く違ったタイプの男性に惹かれる気持ちが一時的に強くなる可能性があるのです。
例えば結婚が具体的になった時点で婚約者と考え方のズレを少し感じたときなど
要注意。あらかじめズレを承知した上で自分が受け入れるべき状況を認知していれば
よいのですが、それをあいまいにしたまま結婚の決断をすると後悔を引きずるかも…
それでも貴女は結果的には遅かれ早かれ家庭を守る人として安定を得るでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このカードが出たときの、占い師の含み笑い。。
あげくの果てに、「少し、視界を広げてみては。冒険もいいと思いますヨ」
という無責任な助言…。
ああ、道に迷うことなく一直線で安定へ向かいたい私はどうすればいいの…?

でもまあ確かに、認識のズレを補正しておくことはどんなカップルにも
必要なことではある。着実に、着実に。。




   
by hui_hui | 2006-01-07 16:27
新春会食@あげさんすい
今日はお母さんの50+ウン歳の誕生日を祝って、家族で会食。
ハービスENTの「あげさんすい」へ。

b0047610_15473669.jpg


ハービスENTはご存知の通り、とってもハイソな空間だ。
神戸とはいえ西の端に住む私たち、特に母親にとっては、ちょっとした非日常。
最近、私たちに比べるとあまり「外」を知らずに生きてきた母に少しでも
見たこと、聞いたことのない世界を体験させてあげたいと思っている。
仕事で見てきたことも、今までより家でいっぱい話すようにしている。

まだまだ現役とタカをくくっていても、確実に歳をとっていく親。
深夜に迎えに来てもらったり、一番こき使っている私だけれど(笑)、
そのぶん外で経験していることを会話によって共有したり、
一緒にいる時間を大切にしたいなあと思っているところ。

一品ずつ揚げたてが出てくる、アツアツの天ぷら。

b0047610_1605918.jpg


かにと山芋のとろろ海苔包み

b0047610_1615976.jpg


〆の天茶。

新春にふさわしい、晴ればれとしたお味でした。
by hui_hui | 2006-01-02 22:46



ベビーとわたしの毎日のあしあと
by hui_hui
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
LINK
以前の記事
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧