<   2005年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
カデン好きな猫のいる休日
b0047610_14355741.jpg


b0047610_14361519.jpg

by hui_hui | 2005-03-27 14:39
なんなんだ
日頃いろんなデザイナーさんとお付き合いしているけれど、
本当にいろんなタイプの人がいるなと思う。

まったく同じ内容のものを頼んでも、
時間と手間のかかり方が、おもしろいほどまったく違う。

一度引き継いだらほとんど電話もかかってこず、
ボケッと待ってるだけで、プレゼントのように素敵なものを上げてくれる人もいる。

30分おきぐらいに電話をかけてきて
「それぐらい、自分で考えてくれーーーーーーーーっ!!!!」
といいたくなるような質問で、いちいち作業が止まってしまう人もいる。

「デザイナーとエディターが一緒につくる」
というスタンスでいてくれるデザイナーさんとの仕事は、ほんとうにラクチンだ。
自分の頭で考えてくれるから、大まかなところさえフィックスすれば
ヘンテコな間違いは一切起こらない。

「ちゃんと指示してくれないと、困ります~」
というスタンスの人は、まず、コピーを読んでくれない。
ヘンなところにコピーを配置したり、写真が間違ってても平気だったりする。
こういう人ほど、細かい処理の部分にこだわって
そういうのが、デザイナーのセンスの見せ所だと思ってたりする。

自分で少しだけデザインを勉強してみて分かったのだけれど、
おしゃれな処理や罫線の使い方なんかは、覚えれば誰でもできるのだ。
数をこなせば覚えられることで、センスとはまた少し違う気がする。

というよりは、「意味を考えてくれるかどうか」
「全体のストーリーを読んでくれるかどうか」
が、デザイナーの価値を左右する。ほぼ、それだけだと思う。
あとは、ほんのちょっとの発想力があれば。


そういうのめんどくさがるのって、どうかと思うなぁ………

なんだかなぁ………。なんなんだ!!!
by hui_hui | 2005-03-23 22:18
デザイナーズ温泉の休日
連休中、昨年末の ナチュールスパに引き続き、安藤忠雄づいた温泉に行った。

灘浜ガーデンバーデン

正確には温泉ではないらしいが、薬効成分のあるお湯らしい。
灘浜というわりには、高層マンションと高速道路の間に挟まれて
ロケーションは最高とはいえない。
窓も小さくて、開放感が今ひとつだった。星2つ。

女友達と二人で長風呂を愉しむ。

彼女とは17歳の時から一緒に温泉に浸かっている。
お互いに見知った身体が、少しずつ年をとっていく。

いつも通り話は「仕事」「恋愛」、ときどき「結婚」なんていうのも
出てくるようになった。
今はお互い仕事が楽しく、切羽詰まってないし、だいいちまだ子供気分なので
「結婚」=「どんなドレスにする?!」といった可愛い話で済んでいる。
3年後同じ話を笑ってできるかどうか。
それはまたそのとき考えよう。

お風呂上がりは低血圧競争をして、私が勝った。上92の下68。

ひさびさの長風呂で、ぐったり疲れた。
でもなんとなく、身体が軽くなったような気がした。
by hui_hui | 2005-03-23 01:03
きょうのひとこと
「おんなじことを続けることを嫌がる奴と、嫌がらない奴がいる。
そっから差が出てくんだよ」
輪島功一


同じことの繰り返しが、とにかくキライ。
フラフラとなんとなく新しいことを探してる私は、
絶対、何の分野でも大物になれないだろう。

うすうす自分でも気づいてただけに、イタイ一言だった。




by hui_hui | 2005-03-21 22:41
ホワイトデイ
b0047610_2342733.jpg


今日はモテ日。

バレンタインにチョコをあげていた東京の上司と先輩から、
お返しが届いた。
ふいのプレゼントはやっぱりうれしいものだ。。


バレンタイン前後にいろんなブログなどを見ていると、
「旧態然とした社内での義理チョコ配布は、なんの意味もない。
どうしてこんなことを続ける必要があるのか、無力感にさいなまれる」
という意見をたくさん目にした。

たしかに、日頃まったく接点のない上層部の方々などに贈るチョコには
「お中元・お歳暮」と同じ、儀礼的な要素が多いと思う。
意味ないと思う人がいるのも当然だ。


そこで、そういうことがほとんど気にならない私からの提案。

彼らの「パブリック」に贈ろうとするから、
《なんで私が自腹切ってまで、こんなこと》
と腹も立つのであります。

欧米のイースターやクリスマスなんかの感覚で、
彼らの「プライベート」に贈るつもりでやればいいのだ。
帰って奥さんや子供に自慢してる、カワイイ姿なんか想像したりしてね。

全般的にコミュニケーション能力に長けてるとはとても言えない私だけど、
目上の人や、パブリックな立場の人の「プライベート」なところを
見つけるのはちょっと得意だ。
そして断りもなく一方的に、心の距離を縮めちゃう。
どんなスゴイ人でも、家に帰ったらただのオッサンなんだから。
そう思えば会社なんて家みたいなものです。

あんまり役には立たないノウハウですが、
アメリカ人のような職場環境に憧れるなら、(自分の中だけでなら)
実現することは可能です。


ま、おいしいものをもらうと単純にうれしい私には
難しい理屈は必要ないのですけど。

あーいけない。薄着の季節に向けて、節食節食。なのに。。




by hui_hui | 2005-03-15 23:51
旬ドロボウ

ゴンがやらかした。

夕飯時、電話が鳴ってお母さんが席を外したすきに、
彼のお母様からいただいたイカナゴの釘煮を、根こそぎたいらげたのだ。

戻った彼女が見たものは、タッパーの中に頭を突っ込んで
「モシャモシャと」至福の表情でイカナゴをたいらげる(ほぼたいらげた)
ゴンの姿。
「呆然と立ち尽くすしかなかった…」と言う。

さいわい小ぶりのタッパーいくつかに分けて保存してあったので
全滅はまぬがれたものの、旬の味覚を持っていかれた人間の尊厳が危うい。
お仕置きしなければ。。


b0047610_046354.jpg








おいちかったー
by hui_hui | 2005-03-15 00:48
ドギマギ
美容院で、鏡の中の自分と目が合うのが苦手だ。

妙に気恥ずかしく、自分の顔を直視しないよう
ポンチョみたいなかぶり物の肩の辺りをいつも見るようにしている。

こういうのって自意識過剰っていうんではないだろうかと思って、
周りの女の子たちを盗み見てみる。
いや、みんな普通だ。ごく何気ない自然なそぶり。


やっぱり、ときどきは直視したほうがいいんだろうか。
知らない間にすんごい変な頭になっててもイヤだし…
美容師さんも「カットが気にくわないのかしら、この人」と
気にするかもしれないし…
思い悩んでるうちに、いつのまにかカットが終了していた。
あ、こんなふうになってたのね…


電車の窓に映る自分を見て、「OK!」とチェックしてる人がいると
どうしても「ナルシスト発見」と決めつけてしまう自分がいる。
顔がかゆくて、何かついてるのかとものすごく気になってても
どうしてもガラスの中を覗き込めない自分がいる。
突風で髪の分け目があきらかに左から右に変わってても
人前では手鏡を取り出せない自分がいる。

こういうのこそ実はナルシストというのかもしれない。
今、真剣に悩み中です。
by hui_hui | 2005-03-13 23:49
nike women
5678

ものっすごいカッコイイ!
踊り出したくなっちゃった。

時間ができたら、ジム通いもいいな。
by hui_hui | 2005-03-10 01:19
だれかのしあわせ
b0047610_2332396.jpg

b0047610_23323392.jpg



大好きな先輩の妹さんの、赤ちゃん誕生カードがやっと出来上がった。

素直に「よかったね」って笑えなかった私に、お母さんが言ってくれたこと。
「誰かのうれしいことを一緒に喜んであげてたら、
いつかいいことが返ってくるよ」

画面に向かってひたすら作業してる間に、いつのまにか
「ほんまにかわいいなあ」ってメロメロになってしまってた。

ほのちゃん、お誕生おめでとう。カード、おそくなってごめんね。






by hui_hui | 2005-03-08 23:39
トニー滝谷
b0047610_024944.jpg



原作/村上春樹
出演/イッセー尾形/宮沢りえ
シネカノン神戸で3月18日まで公開中


妻と同じ体型の女が、妻の洋服を着て泣いた。
その記憶が妻を亡くした男の孤独を深めていった。

息をのむ音も気になるほど、すごく静かな映画です。
全体にブルーグレーのもやがかかったような世界。

村上春樹の中のいくつかのモチーフのひとつに、
残されたものの「存在」が「不在」をあらわす、というのがあります。
これもそのうちのひとつかな。

宮沢りえの役は、わたし的には小雪のほうがよかったような。
イッセー尾形の演技はやっぱり、リアリティがあります。
by hui_hui | 2005-03-07 00:38



ベビーとわたしの毎日のあしあと
by hui_hui
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LINK
以前の記事
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧